力のモーメント

購入直後から息子君のKATANAのサーボがおかしく
輪ゴムで簡易的に対策をしていました

20130121_220523.jpg

症状は電源を入れると勝手にラダーがハンチング
どうもサーボ内部のポテンション自体に遊びがある模様
購入したSHOPでも診断してもらいましたが同様の回答を頂きました←アンラッキーなサーボのようです(自爆)

それでも多少設定をかえれば改善するかもと
それが本題にしている『力のモーメント』

簡単に説明すると…
物体を回転させる働きのことを力のモーメントと言います
テコの原理では【支点・力点・作用点】の3点ですがこれも力のモーメントの一部です
力のモーメントでは支点=回転軸で表します(作用点は回転軸に含まれます)
力のモーメント(N)=回転軸から力点までの距離(r)×回転に影響のある力の大きさ(F)

photo05.jpg

画像のように回転軸に近いほうのAが力が必要になります
RCでは回転軸を中心にサーボホーンが回転していますから反対にAのほうが少ないトルクで回転させることが出来ます

今まではプロポ側のD/Rで動作範囲を押さえていましたがそれではサーボ本来の性能は発揮されず
分解能の低いサーボでは動作範囲が狭いため小さな遊びがあってもそれ以上の遊びとして反応していたようです
そこでサーボ本来の動作範囲+αの状態でラダー・エルロン・エレベーターを現状の動作範囲(舵角)になるようにサーボホーン側の穴で合わせをすれば良いようです

これは墜落した時にも効果的で外部からの衝撃などによるサーボのギヤ欠け防止にもなって一石二鳥
ヘリにも同様の考えが使えるので今後のヘリ製作にも役立ちそう

今回のハズレサーボ1つで勉強になりましたね~
スポンサーサイト

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
    カテゴリー: RC1 KATANA | コメント: 0 | トラックバック: 0


    この記事へのコメント

    コメントの投稿

    非公開コメント